観光・遊び・買い物

重慶大厦(チョンキンマンション)

重慶大厦(チョンキンマンション)

ホステルやホテルが密集するアジアの国際都市香港を象徴する複合雑居ビル重慶大厦は明るくきれいな商用ビルへ変貌中?

36-44 Nathan Rd, Tsim Sha Tsui, Kowloon

 『深夜特急』や香港映画『恋する惑星』などの数多くの小説や映画の舞台となり有名な重慶大厦(チョンキンマンション)です。1961年竣工で、16階と17階の5棟の建物が連結する複合建築です。竣工時の部屋数は920室で、当初は個人住宅を目的としていたようですが、現在は、比較的安いホテルやホステルなどが密集しています。また、多国籍な空間として、人種民族のるつぼ、国際都市香港を象徴する場所としても知らられています。

 以前は、治安面の問題などがあり、犯罪の巣窟のようなイメージがあった時期もあったのですが、改修を重ねて以前の重慶大厦を知っている人から見ると、同じ重慶大厦かと見間違えるほどの変貌を遂げています。90年代の秋葉原の客層がよりグローバルになったような雰囲気を感じます。

 1階(表示は英国風にグランドのG)へ入るとインド風のカレーや料理に使われるようなスパイシなーな香りが鼻に入ってきます。

ハラールフードの看板も多い重慶大厦

 入り口から1階フロアへ入ると飲食店、商店、雑貨店、携帯電話店、洋服店、旅行代理店などの様々な業種の店舗が軒を連ねています。インド系やムスリムのパキンスタンなど人が多いのがインド風のカレー店やイスラムのハラールフード店を多く目にします。

数多くある両替所

 入り口から近くには両替所が多くあります。店員もお客も香港人ではないと思われるところが重慶大厦らしいと言えます。建物内は英語や聞いたこともない言語が飛び交っています。

”暗い””危ない”はすでに都市伝説?明るい重慶大厦へ変貌が進むのか

 近年の改修で重慶大厦の入り口の左右には女性向けのコスメ店sasaやエスカレータで上がった2階には同じく女性向けの小物を扱う小規模店が密集するショッピングモールCke、ファストフード店などが入り、香港人で賑わっています。さらに地下にも別のショッピングモールも広がっています。重慶大厦の看板下から入る1階フロアとのギャップが浮世離れしています。

 香港へ訪れたら一度、この「ザ香港」というべき重慶大厦を覗いてみてはいかがでしょうか。

アクセス・地図

<電車>MTR尖沙咀駅 徒歩約2分。

タグ:

この投稿は 2013年10月27日 日曜日 1:53 AM に ショッピング, 観光・遊び・買い物 カテゴリーに公開されました。
投稿者: keijiro

コメントをどうぞ

掲載日: 2013-10-27
更新日: 2013-10-27
クチコミ数: 0
カテゴリ
エリア